ヒトリエ wowaka氏 31歳で死去 ボカロ作曲者「現実逃避P」としても活躍

ヒトリエ wowaka氏 31歳で死去 ボカロ作曲者「現実逃避P」としても活躍

ロックバンドグループ「ヒトリエ」のボーカルおよびギターを担当し、初音ミクをはじめとするボカロ作曲者「現実逃避P」としても活躍されていたwowaka (ヲワカ)氏が4月5日、急性により31歳で亡くなられたことが分かりました。

今回の訃報を受け、ヒトリエ公式サイトでは葬儀をご遺族の意向により近親者のみで執り行われた旨を伝えています。

wowaka (現実逃避P)氏の主なボカロ代表曲「ローリンガール」

wowaka (別名:現実逃避P)氏は初音ミクをはじめとする代表的なボカロ作曲者の一人として「ワールズエンド・ダンスホール」「ローリンガール」などのヒット曲を手掛けてきました。東大卒ながら音楽性一本で勝負される姿勢や、米津玄師 (ボカロ作曲者名:ハチ)氏も最大級の敬意をおくるなど、ボカロシーン全体においても多大な影響と貢献をされてこられました。

今回の訃報を受けて動画投稿サイトおよびSNS上ではwowaka氏を悼むコメントが数多く寄せられております。

謹んで、お悔やみ申し上げます。

ヒトリエからのお知らせ

hitorie

ボカロカテゴリの最新記事