暗い話題ばかりじゃない 2019年 大躍進したVTuberを振り返る

希望とともに絶望があり、悲しみとともに栄光がある。

タクティクス オウガより

ゲーム部プロジェクト、キズナアイ、.LIVE アイドル部…。

今年2019年 (令和元年) はバーチャルYouTuber (VTuber) に関する様々な問題が相次いだ一年であった。特に「ブラック企業や反社会的勢力の巣窟」との誹りを免れないほど、安定していると評されていた企業系VTuberほど、勢いに満ち溢れていた昨年では考えられないほど、哀しい事態に追い込まれた。

だが、決して暗い話題ばかりではなかった。

その実力一つで地道に視聴者を獲得し、前述のような大手VTuberが揺らぐ中でも躍進を続けた方々が数多く存在したのは確かであり、そして今日もこの新たな “バーチャルタレント” というスタイルを諦めず歩み続けている。

悪いニュースは広まりやすいが、良いニュースは中々広まらなかったり憶えていないもの。今回はそうした「今年大いに躍進したVTuber」を取り上げたい。

おめがシスターズ (おめシス/おめがレイ・おめがリオ)

おめがシスターズ 初のオリジナル曲「シンクロニティ」を配信開始

VTuber「おめがシスターズ」オリジナル曲をBACK-ONが提供へ

「バーチャルだからこそ出来ることの追求」「非凡な企画力」「愚直なまでの地道な歩み」

おめがシスターズ (おめシス) の2人こそ、そうした評価が相応しいのではないだろうか。

YouTuberとしての原点に立脚した様々な実践動画は生放送配信がトレンドとなる中だからこそ一層の輝きを放っているといえる。その基本を抑えたスタイルは普遍的であるゆえ老若男女誰もが安心して楽しめる。目先のチャンネル登録者数よりも一人一人ストイックに獲得した視聴者が心から楽しめる動画や企画を日々追求しているのもデビュー当初から変わらない点だ。

そうした真摯な姿勢は (登録者数と比較して) 高い動画再生数に表れており、260万人以上の登録者を抱えながらも動画再生数が低迷するキズナアイを上回る数字を記録することも珍しくなくなっている。同業の他VTuberからも信頼されており、特に配信スタイルの異なるにじさんじ系VTuber/バーチャルライバーからも慕われているのはその人望の厚さを感じさせる。

昨今のVTuber業界の出来事を振り返ると、彼女らも決して来年以降は安泰だとは断言は出来ない。しかしこの2人ならこれからも輝き続けてくれるはず。そういう願いを強く抱きたいと思うのだ。

「おめシスはいいぞ」

YuNi

YuNi「UNiONWAVE-clear-」平成と令和をつなぐ歴史的バーチャルライブ

VTuber・YuNi ライブ「UNiONWAVE-clear-」開催 1stアルバム「clear/CoLoR」も発売へ

今年はバーチャルシンガー (シンガー系VTuber) の躍進が目立ったが、YuNi (ユニ) もその一人だ。

4月30日~5月1日開催の「UNiONWAVE-clear- さよなら平成カウントダウンライブ」は、平成から令和への時代またぎとなる歴史に名を残すバーチャルライブとして地上波テレビ番組でも取り上げられるなど大成功を収めた。

また「渋谷109」とのコラボレーションや「ガリベンガーV」への出演、歌手として以外の一面を見せる生放送など、多方面への活躍の場を広げたのも今年である。

彼女の運営はCandeeとActiv8の共同プロジェクトであり、昨今のActiv8の実情等を鑑みれば今後の不安要素となる可能性がある。現時点ではキズナアイを巡る一連の問題は影響していないように見えるが、確実にステップアップしているだけに今後の幸を願わずにはいられないだろう。

富士葵

富士葵 2ndシングル「エールアンドエール」を7月31日発売 ナユタン星人プロデュース

清水エスパルス VTuber「富士葵」を公式新人サポーターに採用

VTuber黎明期より類い希なる歌唱力で魅了してきた富士葵も、今年更なる飛躍を果たした。

新衣装導入、「ガリベンガーV」への出演、初のアルバム「有機的パレットシンドローム」発売など、着実に次のステップへと歩みを進めている。

運営元Smarpriseが安定したプロデュースを行えているのも大きい。絶対は無いので断言は出来ないが、今後もこの勢いで進んでほしいところだ。

ヒメヒナ (HIMEHINA/田中ヒメ・鈴木ヒナ)

ハイテンション女児・田中ヒメと、マイペース女児・鈴木ヒナの2人組。

今年はシンガーとして躍進を果たし、オリジナル楽曲とハイクオリティなプロモーションビデオ公開、初のワンマンライブ開催が話題を振りまいた一年となった。


他にも中国で人気を博しているホロライブプロダクション系VTuber、にじさんじ系新人バーチャルライバー、その歌声と独特の世界観で一躍駆け上がっていった花譜、ネットスラングや下ネタを積極的に盛り込み個人勢としての独自の地位を確立した犬山たまきなど、今年一年を通じて躍進を果たしたVTuberやバーチャルライバーは少なくない。

目先の利益や欲望に駆られず、目立たないながらも一歩一歩進む。無論そこには見えない努力や予期せぬ失敗・炎上もあるだろうが、もし望むのであれば来年も、こうして歩みを進める方々の多くが報われる事を心から願ってやまない。

だから下を向かず、星を見た時に思い出して下さい。
どんなに人生が困難に見えても、必ず何か出来る事はあるのです。
諦めさえしなければ。

スティーブン・ホーキング

(文・アポロ船長)

VTuberカテゴリの最新記事