オムロン「人のモチベーションを高めるAI」をスクウェア・エニックスと共同研究

オムロン「人のモチベーションを高めるAI」をスクウェア・エニックスと共同研究

オムロンは12月10日、同社の卓球ロボット「フォルフェウス」を通じた「人のモチベーションを高めるAI」についての共同研究をゲームメーカーのスクウェア・エニックス (スクエニ) と開始したと発表しました。

卓球ロボット「フォルフェウス」

今回の共同研究ではオムロンが強みとする「人の感情と能力を読み取るセンシング技術」と、スクウェア・エニックスがゲーム開発で培った「プレイヤーごとにゲーム展開を変化させ、人の感情を揺さぶるAI技術 (メタAI)」を組み合わせることで、プレイヤーに合わせて成長へのモチベーションを高める指導方法を考えるAIを開発するとのこと。これを「フォルフェウス」に搭載し「フォルフェウス」と人が卓球を通じてコミュニケーションをすることで、機械が人のパフォーマンスを引き出す、人と機械の関係性の実現を加速するとしています。

なお今回の共同研究による技術を搭載した卓球ロボット「フォルフェウス」は、2020年 (令和2年) 1月7~10日にラスベガスで開催される見本市「CES (コンシューマー・エレクトロニクス・ショー) 2020」に出展されるとのことです。

オムロン、スクウェア・エニックス 「人のモチベーションを高めるAI」を共同研究

オムロン

リアルギアカテゴリの最新記事