米国任天堂バウザー社長 E3へ出展する意義を語る

米国任天堂バウザー社長 E3へ出展する意義を語る

米国任天堂 (Nintendo of America/NOA) のダグ・バウザー (Doug Bowser) 社長は6月開催予定のゲーム見本市「E3 2020」を前に、E3へ出展する意義についてコメントを寄せました。

米国任天堂 ダグ・バウザー(Doug Bowser)社長&クッパ
米国任天堂 ダグ・バウザー (Doug Bowser) 社長 (画像:nintendolife)

E3 2020に参加することを楽しみにしています。

今年は、社会的で没入感のある環境で人々と交流することができる多くの理想的な会場の1つです。 

毎年、共有する必要があるコンテンツに基づいてE3へのアプローチを行っています。

またE3を主催するエンターテインメント・ソフトウェア・アソシエーション (ESA) もコメントを発表し、E3 2020開催の意義を強調しました。

E3はコンピューターゲーム、ビデオゲーム、および関連製品の世界最高のイベントであり、新しいステージエクスペリエンス、体験ゾーン、ライブイベントなど、ビデオゲームの新しいタイトルやイノベーションを紹介し、ビデオゲーム文化を祝うために再構築されました。

E3 2020は特別なゲストゲーマー、有名人、およびデジタルプログラミングをショーフロアで紹介し、ライブストリーミングを拡張することで世界中の視聴者とつながります。 ハイライトは、業界をリードするイノベーターやクリエイターとの独占的な会話を世界中の参加者やファンにもたらすためにストリーミングされるまったく新しいフロアエクスペリエンスのデビューです。

ESA社長兼CEOであるスタンリー・ピエール・ルイは次のように述べています。「展示フロアで、E3 2020をよりインタラクティブで没入型の体験にして、出展者、イノベーション、発表を増幅します。 「E3エクスペリエンスは、他に類を見ない業界のショーケースです。 メディア、ブランド、イノベーター、スーパーファンを互いに結びつけます。

The ESA says that Nintendo is “committed to participating in E3 2020”

MY NINTENDO NEWS

Reimagined E3 Will Delight Fans and Showcase What’s Next in Interactive Entertainment

ESA

ゲームカテゴリの最新記事