Nintendo Switch 新型コロナウイルスの影響で2020年4月にも世界的供給不足の恐れ

Nintendo Switch 新型コロナウイルスの影響で2020年4月にも世界的供給不足の恐れ

任天堂のゲーム機「Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)」の供給が新型コロナウイルス (武漢コロナウイルス/武漢肺炎) 感染症の影響により全世界で不足する恐れが浮上しています。

ブルームバーグが伝えたところによりますと、新型コロナウイルスの影響による生産の停滞で4月にもNintendo Switchの欧米向けへの供給に影響が及ぶ恐れが出てきたとのことです。

部品供給に携わる複数の関係者によると、現在中国からの部品供給が限られており任天堂製品を生産するベトナム工場での生産に影響を及ぼし始めているとのこと。この工場では主に米国向けの製品を生産していることから、現時点の部品供給の遅れの影響が在庫や出荷済みの製品の販売が終わる4月にも顕在化する可能性があるとのことです。

任天堂は「現時点において欧米向けのNintendo Switchの供給への大きな影響は出ていない」としつつ「感染拡大、長期化という事態になると影響を受ける可能性はある」とも発表しており、中国の工場で生産される日本市場向けのNintendo Switchだけでなく欧米向けへの供給にも影響が及べば、今後世界的な供給不足へと発展する恐れもあります。

任天堂スイッチ、世界供給が4月にも不足の恐れ、新型肺炎で-関係者

ブルームバーグ

ゲームカテゴリの最新記事