任天堂 2020年3月期決算短信を発表 あつまれ どうぶつの森の販売本数が1,177万本を記録

任天堂は5月7日、2020年3月期決算短信を発表しました。

任天堂 2020年3月期決算短信を発表 あつまれ どうぶつの森の販売本数が1,177万本を記録

今期の売上高は1兆3,085億円、営業利益は3,523億円、経常利益は3,604億円、当期純利益は2,586億円でした。

Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ) の販売台数は前期比24.0%増の2,103万台 (このうちNintendo Switch Liteは619万台)を記録、これにより累計販売台数は5,570万台に達しました。なお対応ソフトの販売本数は前期比42.3%増の1億6,872万本となっています。

さらにダウンロード版ソフトや追加コンテンツといったデジタル売上高も前期比71.8%増の2,041億円、スマホ向けなどのモバイル・IP関連収入等も前期比11.5%増の512億円でした。

Nintendo Switch用ソフトの販売状況 (セルイン) では「ポケットモンスター ソード・シールド」が1,737万本を記録したほか、「あつまれ どうぶつの森」が1,177万本「マリオカート8 デラックス」が808万本を記録。これにより100万本以上の販売を記録した今期のミリオンセラータイトル数は任天堂・サードメーカー全社を含め27本となりました。

なお新型コロナウイルス感染症 (武漢肺炎/COVID-19) の影響により一部地域でのNintendo Switchや「リングフィット アドベンチャー」の生産・出荷に遅延が生じたものの、業界への影響は限定的であったとのことです。

株主・投資家向け情報

任天堂

ゲームカテゴリの最新記事