MOTHER2 ギーグの逆襲

MOTHER2 ギーグの逆襲

MOTHER Party

画面写真

基本情報

発売日1994年(平成6年) 8月27日
発売・販売元任天堂
開発HAL研究所、エイプ、パックスソフトニカ
対応機種スーパーファミコン
ジャンルRPG (ロールプレイングゲーム)
監修糸井重里
音楽鈴木慶一、田中宏和
プログラムディレクター岩田聡
スーパーバイザー宮本茂
エグゼクティブプロデューサー山内溥
容量24Mbit (3MByte)?
型番SVHC-MB
価格9,800円 (税別) ※発売当時税率3%
累計売上本数約30万本?
キャッチコピーおとなもこどもも、おねーさんも。
著作権表記(C)1994 Nintendo (C)1994 Shigesato Itoi/APE inc.

おとなもこどもも、おねーさんも。

コピーライターの糸井重里氏がシナリオを手がけ、現在の任天堂岩田聡社長と宮本茂専務が開発に携わった任天堂製ロール・プレイング・ゲームの第2弾。
基本的要素は「MOTHER」と共通ながらも、ファミコンに比べ大幅に性能が向上したスーパーファミコン対応ソフトということもあり、グラフィックが大幅に強化され、当時としてはとても高度な数々の仕組みが盛り込まれるなど、完全新作というよりは、初代「MOTHER」を洗練させ完成度を高めたリメイク・完全版という印象が強い仕上がりになっています。
当時デビューしたばかりの木村拓哉氏と、幼稚園児のヒロシが演じるCMも話題を集めました。

基本コンセプトは「MOTHER」を継承

「MOTHER2」は単なる続編というより、「MOTHER」の改良版・完全版だといわれています。
それは初代MOTHERでは不可能だった仕組みや試みが「MOTHER2」上で多数実現されていることにあります。

糸井重里氏も「MOTHER2はMOTHERの上に進化させたもの」と言及している通り、基本的な設定もシナリオも、ほぼ初代「MOTHER」と同じ。
主役や仲間の位置付けも初代「MOTHER」にかなり似ているか、ほぼ同じです。
基本は「MOTHER」で、そこからさらに内容を煮つめ2作目に相応しい名作として完成されたものがこの「MOTHER2」だといえます。

岩田聡元任天堂社長が、開発中止の危機を救った

現在のこのプログラムを活かして直すには2年かかります。でも、いちからつくり直していいのでしたら半年でやります」(「ほぼ日刊イトイ新聞」『MOTHER』の気持ち。より)

「MOTHER2」はその見た目とは裏腹に、当時としては非常に高次元のプログラム構築によって、当時としては画期的な様々な演出・描写・システムを実現しています。 これを実現したのは、なんと岩田聡元任天堂社長(2015年7月11日逝去)。
「MOTHER2」はプログラミング上の問題などによりパックスソフトニカ社とエイプで行われていた開発が1993年に行き詰まり、一時開発中止の危機に追い込まれましたが、その時「天才プログラマー」と称されている岩田元社長とHAL研究所が開発に参加し、糸井氏の斬新的かつ独創的なアイデアを見事1つのゲームとして実現させ、まさに間一髪、ギリギリのところで開発中止の危機を乗り切りました。
「MOTHER2」の面白さを実現している根底には、このいわゆる「岩田プログラム」が欠かせない存在になっています。

一時開発中止の危機にまで追い込まれていた「MOTHER2」を見事完成させた事や、そのプログラミング能力の高さが非常に高く評価され、山内溥元任天堂社長からも一目置かれるようになった事が、任天堂という世界的企業の社長を任された理由であるといっても過言ではないでしょう。
その始まりは「MOTHER2」だったのです。

大幅に強化された「戦闘シーン」と「音の要素」

ファミコンから大幅に向上した処理性能と「岩田プログラム」によって、冒険を盛り立てる数々のシステムは前作より大幅に強化されました。
その中でも特に注目するのが「戦闘シーン」です。
アナログ式のカウンターを採用する事で主人公達の体力がすぐに0にならないためスリリングな戦闘を楽しめます。
また音質の向上により、随所に音をキーワードにしたイベントや仕掛けが盛り込まれています。

本当の冒険者は、あなたです

「MOTHER2」の主役や仲間は誰?という質問に、多くの人はネス、ポーラ、ジェフ、プーと答えるでしょう。
そしてネス達の名前は「スマブラ(大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ)」をはじめ、MOTHERシリーズのキャラクター名として高い知名度を誇っています。

一方、それは本作においては10%は正解で、あとの90%は間違っているかもしれません。
説明書には、ぼく、おんなのこ、おともだち1、おともだち2…などと書かれているのがわかります。
あくまでネス、ポーラ、ジェフ、プーという名前は「デフォルトの名前」として位置づけられています。
「MOTHER2」の主役や仲間には、本当の名前や性格といった設定は実は存在しないのかもしれません。
見た目もいたって普通の人物で描かれているのも、そうしたところに起因するでしょう。

本当の冒険者は、あなたとその友達…または恋人だったり兄弟姉妹だったり家族だったりするのです。

豆知識

ギーグの描写について
MOTHER2の最終ボス(ラスボス)であるギーグとぼくとの対話は、非常に特徴的かつ奇妙なものとなっています。
糸井氏はこのギーグの対話について、小さい頃に観てトラウマになったある成人映画にまつわる経験を参考にしているとあるインタビューで述べていたそうです。

どせいさんフォントの原案は…
どせいさんが話す特徴的な会話を表すどせいさんフォントは、糸井氏の娘さんの文字を参考しているそうです。

ビートルズ的要素
「MOTHER2」には全体を通してビートルズ的要素が各所に散りばめられています。
ゲーム中に登場するアイテムや乗り物はもちろん、設定や世界観の隅々にビートルズ要素がみられます。

主なキャラクター

ぼく (ネス)オネットに住む「MOTHER2」の主人公。超能力(PSI)が使える。
おんなのこ (ポーラ)最初に仲間になる女の子。主人公より強力なPSIが使える。
おともだち1 (ジェフ)親と離れて寄宿舎に住んでいる。PSIは使えないがメカに強い。
おともだち2 (プー)ランマ国の王子。様々な種類のPSIが使える。

動画

糸井重里さんへのインタビュー

テレビCM

MOTHER Party アーカイブカテゴリの最新記事