MOTHER1+2

MOTHER1+2

MOTHER Party

パッケージ

画面写真

基本情報

発売日2003年6月20日
発売・販売元任天堂
対応機種ゲームボーイ アドバンス
ジャンルRPG (ロールプレイングゲーム)
監修糸井重里
容量64Mbit (8MByte)?
型番AGB-P-A2UJ
価格4,800円 (税別) ※発売当時税率5%
累計売上本数約24万本
キャッチコピー
おとなもこどもも、おねーさんも、ふたたび!
テレビCMコピー
へんなゲームなのか、感動のRPGなのか。
著作権表記(C)2003 Nintendo
(C)1989 SHIGESATO ITOI/Nintendo Program:(C)2003 Nintendo
(C)1994 Nintendo/APE inc. Senario:(C)1994 SHIGESATO ITOI Program:(C)2003 Nintendo

バリューセレクション MOTHER1+2

発売日2006年2月2日
発売・販売元任天堂
価格2,667円 (税別)
※発売当時税率5%
累計売上本数約5万本以下

コピーライターの糸井重里氏がシナリオを手がけた任天堂製ロール・プレイング・ゲーム「MOTHER」と「MOTHER2」を一本にして復刻したのが、この「MOTHER1+2」。
2003年4月14日、テレビCM(テレビ朝日「ニュースステーション」のコマーシャル枠という噂も)で発売日と価格、そして「MOTHER3」の開発が電撃的に発表され、発売日には渋谷TSUTAYAで発売記念イベントが大々的に催されるなど、ソフトそのものの完成度より、様々なお祭り的動きが注目される一本になりました。

その反面、MOTHERは戦闘シーンで敵と味方の効果音が逆になっている、ダッシュ機能が追加されているが、それによりMOTHERの雰囲気を壊している、MOTHERにはなかったエンディングが追加されている、MOTHER2は音楽が大幅に劣化・仕様変更されている…などなど、完成度は決して高いといえるものではなく、賛否両論を巻き起こしました。
このMOTHER1+2の出来から、ゲームボーイ アドバンスでMOTHER3を開発することに不安を覚える方々が出るなど、ファンの皆さんの意見や感想が大きく分かれた一本です。

テレビCM

MOTHER Party アーカイブカテゴリの最新記事