マイクロソフト ベセスダ親会社 ゼニマックスメディアを7800億円で買収

マイクロソフト ベセスダ親会社 ゼニマックスメディアを7800億円で買収

マイクロソフトは9月21日、「The Elder Scrolles」「Fallout」「DOOM」などの世界的人気ゲームを開発するベセスダ (Bethesda) ネットワークスの親会社「ゼニマックスメディア (ZeniMax Media)」を75億ドル (7800億円) で買収すると発表しました。

マイクロソフト ベゼスダ親会社 ゼニマックスメディアを7800億円で買収

今回のベセスダの買収によりBethesda Softworks、Bethesda Game Studios、id Software、ZeniMax Online Studios、Arkane、MachineGames、Tango Gameworks、Alpha Dog、Roundhouse Studiosなどのパブリッシングオフィスと開発スタジオがマイクロソフトの傘下に加わります。具体的な開発ゲームタイトルとしては「The Elder Scrolls」「Fallout」「DOOM」「Quake」「Wolfenstein」「Dishonored」「Prey」「Starfield」が挙げられます。

なお今回の買収を受け、これらゲームタイトルが今後マイクロソフトのゲームプラットフォーム「Xbox」以外でもリリースされるのかについては現時点では不明の模様です。

Microsoft to acquire ZeniMax Media and its game publisher Bethesda Softworks

Microsoft

ゲームカテゴリの最新記事