韓国のバーチャルアイドル番組「少女リバース (RE:VERSE)」日本上陸 ABEMAで独占配信決定

韓国のバーチャルアイドル番組「少女リバース (RE:VERSE)」日本上陸 ABEMAで独占配信決定

株式会社インタラクティブメディアミックス (IMX) は2022年 (令和4年) 12月26日、韓国のカカオエンターテインメントが企画・制作するバーチャルアイドルデビューサバイバル番組「少女リバース (RE:VERSE)」を、2023年 (令和5年) 1月8日21時より ABEMAにて日本初・国内独占配信すると発表しました。

画像引用元:プレスリリース
© Kakao Entertainment Corp.

本番組のプロジェクトについては10月10日に当サイトもお伝えしておりましたが、この度日本でも ABEMAにて配信されることが決定しました。

画像引用元:プレスリリース
© Kakao Entertainment Corp.

少女リバース」は、現実世界を生きる30名のK-POPアイドル (少女X) たちがバーチャル少女 (少女V) として仮想空間 (異世界W) に召喚され、新たにバーチャルアイドルグループとしてのデビューを目指すサバイバル番組。

番組内では “視聴者投票”などが審査結果に反映され、脱落した少女は自身の現実世界での正体を公表していくという展開が特徴 (※現状、視聴者投票は韓国国内のみで実施予定)。30名の少女たちは、歌やダンスといったパフォーマンスの実力はもちろん、異世界Wで新しく生まれ変わった姿を用いて自身の才能や魅力を最大限にアピールすることで、最終的に5名に絞られるデビューメンバーになるための熾烈な競争を繰り広げます。

画像引用元:プレスリリース
© Kakao Entertainment Corp.

30名の少女たちを見守る “ウォッチャー (審査員、助力者)”としてMCを担当するのは、韓国アイドル第1世代「S․E․S․」の“Bada”、過去3回の大型サバイバル番組の司会経験を持つ“BOOM”、ダンスクルー「HOOK」のリーダー“AIKI”、「EBS」の人気キャラクター“ペンス”の4名です。

画像引用元:プレスリリース
© Kakao Entertainment Corp.

更に日本国内では番組終了後、少女リバースを企画・制作した韓国の カカオエンターテインメント、そして日本の ABEMAと IMXによる3社間パートナーシップを通じて少女リバースの多様なIP事業が展開される予定です。

少女リバース」は2023年1月2日に韓国のカカオページにて初公開。日本では1月8日に ABEMAにて全編日本語字幕付きで国内最速配信予定です。

“K-POP×バーチャル”超大型サバイバル番組始動!バーチャルアイドルとしてメタバースでデビュー⁉30名のK-POPアイドルの「少女リバース(RE:VERSE)」来年1/8よりABEMAにて独占配信!

PR TIMES

(P2y.jp 次期管理代表者/バーチャル・メタバース・VTuber情報)

VTuberカテゴリの最新記事